乾燥肌の症状を悪化させないための入浴方法

乾燥肌の症状を悪化させないための入浴方法

乾燥肌で痒みが出てしまった場合、クリームで症状を抑制するのも効果的ですが、毎日の入浴一工夫することにより痒みを軽減することができます。

まず、入浴に使うお湯の温度を確認しましょう。乾燥肌は肌のバリア機能が低下している状態で、熱いお湯が肌に大きな刺激となり、痒みを引き起こしてしまいます。
また、熱すぎるお湯は皮脂を洗い流してしまい、ただでさえ皮脂量が少ない乾燥肌に対して悪影響となります。
使用するお湯の温度は高くても40℃のぬるま湯に設定しましょう。長時間の入浴も肌への刺激になるので、湯船に浸かるのは20分以内に留めておきましょう。
シャワーヘッドの強さも調節しましょう。勢いが強いと、その分肌への刺激になってしまいます。ヘッド部分は付け替えることができるので、水の流れが柔らかいものに買い換えるのも一つの手です。
体を洗う際は、泡で包むように優しく洗い流しましょう。ゴシゴシ洗いは厳禁です。

そして、入浴の後はやはり乾燥肌に刺激にならない方法でしっかり保湿します。ベビーオイルなど、刺激の少ない保湿クリームを厳選して肌につけます。いろんな種類を重ねてつけると、肌に触れる回数が増えてそれが刺激となるため、肌につけるクリーム・化粧品などの数は少ない方が良いです。

もちろんお顔の保湿も忘れずに。身体の乾燥肌同様、お顔の乾燥対策にも、入浴後すかさず保湿するのが大事です。そしてやはり、お肌に手などが触れる刺激が少ないほど良いので、極力シンプルに、極力効率的な保湿を心がけます。

その意味で、エステナードリフティ美顔器のようにたった一つの化粧品を極力刺激なく浸透させるような美顔器は、乾燥肌の症状を悪化させないためにとてもおすすめの選択肢となります。