乾燥肌の症状を悪化させないための入浴方法

乾燥肌の症状を悪化させないための入浴方法

乾燥肌で痒みが出てしまった場合、クリームで症状を抑制するのも効果的ですが、毎日の入浴一工夫することにより痒みを軽減することができます。

まず、入浴に使うお湯の温度を確認しましょう。乾燥肌は肌のバリア機能が低下している状態で、熱いお湯が肌に大きな刺激となり、痒みを引き起こしてしまいます。
また、熱すぎるお湯は皮脂を洗い流してしまい、ただでさえ皮脂量が少ない乾燥肌に対して悪影響となります。
使用するお湯の温度は高くても40℃のぬるま湯に設定しましょう。長時間の入浴も肌への刺激になるので、湯船に浸かるのは20分以内に留めておきましょう。
シャワーヘッドの強さも調節しましょう。勢いが強いと、その分肌への刺激になってしまいます。ヘッド部分は付け替えることができるので、水の流れが柔らかいものに買い換えるのも一つの手です。
体を洗う際は、泡で包むように優しく洗い流しましょう。ゴシゴシ洗いは厳禁です。

そして、入浴の後はやはり乾燥肌に刺激にならない方法でしっかり保湿します。ベビーオイルなど、刺激の少ない保湿クリームを厳選して肌につけます。いろんな種類を重ねてつけると、肌に触れる回数が増えてそれが刺激となるため、肌につけるクリーム・化粧品などの数は少ない方が良いです。

もちろんお顔の保湿も忘れずに。身体の乾燥肌同様、お顔の乾燥対策にも、入浴後すかさず保湿するのが大事です。そしてやはり、お肌に手などが触れる刺激が少ないほど良いので、極力シンプルに、極力効率的な保湿を心がけます。

その意味で、エステナードリフティ美顔器のようにたった一つの化粧品を極力刺激なく浸透させるような美顔器は、乾燥肌の症状を悪化させないためにとてもおすすめの選択肢となります。

乾燥肌のための化粧下地

乾燥肌のための化粧下地

化粧下地はメイクの仕上がりを決める重要なポイントです。乾燥肌の方は、特に化粧下地には気を付けなければなりません。
顔全体に塗る必要のある化粧下地は、その分肌への負担も大きくなります。乾燥肌の方は、コラーゲンやグリセリンなどの保湿成分が配合されている下地を使うようにしましょう。
色味の調整はコントロールカラーで調節するようにして、まずは成分表の確認を一番にしましょう。
それでも乾燥が気になる場合は、下地を塗る前に少量のオイルを乾燥が気になる部分に使いましょう。オイルが多すぎると化粧崩れの原因となるので、量の調節には気を付けましょう。

化粧下地は、おでこ、鼻、頬、あごの4か所に乗せ、それぞれ外側に向かって薄く延ばすようにして塗ります。
この時、強く擦り過ぎると乾燥肌にダメージを与えてしまうので、力加減には気をつけましょう。

乾燥肌にも種類がある?~脂性乾燥肌~

乾燥肌にも種類がある?~脂性乾燥肌~

乾燥肌にも種類があります。
一般的な乾燥肌は皮脂分泌量と水分保持量が少ない状態のことを指します。しかし、水分保持量が少なく皮脂分泌量が多いケースもあります。20代から30代の若い方に多く見られるこの乾燥肌は、脂性乾燥肌と言います。

脂性乾燥肌は、特に皮脂分泌量が多い額や鼻のTゾーンで皮脂の分泌が多く肌がテカリ、頬などの他の部分はカサつくという2つの肌状態が混合している乾燥肌です。
原因として考えられるのが、ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れです。
ホルモンバランスの乱れは特に女性に多く見られる原因で、女性ホルモンが一番分泌される30代に向けて肌の状態が変化することで起こります。この時期のホルモンバランスの乱れには注意が必要です。
食生活の乱れは、たんぱく質やビタミン類など肌を健康に保つための栄養素が欠けることで起こります。

改善するために肌状態をしっかりと見極めたスキンケアが必要となります。

メイクでクマを隠す裏技!~+α編~

メイクでクマを隠す裏技!~+α編~

コンシーラーやファンデーションを使ってもクマが隠しきれないという場合、他のメイク道具を使ってクマを隠すようにしましょう。

手軽に使えて簡単な方法が、チークです。毎日使うチークですが、目の下のクマが気になる日はクマから視線を外すチークの塗り方をしましょう。
塗る場所は、目の下の頬から頬骨に向かった斜め上の部分です。クマの近くに明るい色を乗せることで、クマを目立たなくしてくれます。血色も良く見えるので、特にクマが気になる日はチークで隠しましょう。

パウダー入りのアイシャドウもオススメです。光を反射するパウダーで、クマの黒ずみをナチュラルにカバーしてくれます。
ただし、濃く入れすぎると化粧崩れが置きやすいので、ブラシに取ってさっと一塗りする程度にしておきましょう。

また、美顔器でクマを消したり薄くしたりする方法も+αとして考えても良いかもしれません。

エステナードリフティのようなEMS・イオン導入美顔器は、血行を助けたり沈着した色素を薄くしたりなどの効果が期待できます。

メイクに加えての裏技として考えてみるのも良さそうですね。

乾燥肌を招くNGな洗顔方法

乾燥肌を招くNGな洗顔方法

何気なく行っている毎日の洗顔ですが、その何気ない方法が乾燥肌を招くNGな方法になっているかもしれません。
今回は、乾燥肌を招くNGな洗顔方法をご紹介します。以下に当てはまる方は、洗顔方法を見直しましょう。

洗顔料は強力な洗浄力を持っています。顔の汚れをしっかりと落としてくれますが、肌に与える負担も大きくなります。
この負担を少なくするために、洗顔は素早く行いましょう。泡が肌に乗ったままの状態が続くと、乾燥肌を招く原因となります。

ゴシゴシと力を入れて洗うのも厳禁です。指と顔の間に起こる摩擦は、水分を保持している角質に負担を与えてしまい、肌の乾燥を引き起こします。
洗顔は指ではなく泡で洗うようにしましょう。

熱すぎるお湯も肌に必要な皮脂や水分を洗い流してしまいます。
洗顔に使うお湯は温めのお湯にし、洗い残しのないように気を付けましょう。