乾燥肌に保湿のし過ぎはNG?

乾燥肌に保湿のし過ぎはNG?

乾燥肌には保湿が重要なポイントとなりますが、保湿のし過ぎは逆に肌を乾燥させてしまう原因となる可能性があります。

そもそも乾燥肌とは、角質層の水分保持量が低下し、肌が外部から受けるダメージに敏感となっている状態のことです。
弱体化している肌に過剰な保湿を行うと、保湿成分だけでなく肌を刺激する化学物質などが入り込んでしまいます。
この化学物質が乾燥した肌に刺激となり、炎症や痒みを引き起こしたり、乾燥を加速させてしまう原因となります。

肌が乾燥しているときは保湿が一番重要です。しかし、保湿をする場合は複数のスキンケア用品を使うのではなく、シンプルなケアをして肌に刺激を与えないことが大切です。
使用しても、化粧水、乳液、クリーム、美容液だけに留めておきましょう。

なお、使用するスキンケア用品をさらに抑えて1種類だけとし、それを手でつけるよりさらに効果的に浸透させるためには、イオン導入美顔器を使うという手もあります。

特に、化粧水、乳液、美容液などの機能が一つにまとめられた高機能美容液を、刺激なく浸透させることのできるエステナードリフティなどの美顔器は、乾燥肌に悩む方にも高い人気を得ています。

乾燥肌にも負担なく、エステナードリフティのような美顔器でたっぷりと保湿していきたいですね。