スキンケアだけでは足りない!睡眠が肌に与える影響

スキンケアだけでは足りない!睡眠が肌に与える影響

夜のスキンケアは化粧水や乳液など、スキンケアグッズを活用するだけでなく、しっかりとした睡眠を取ることもケアに繋がります。

人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは文字通り骨や筋肉の成長を促すホルモンで、成長期には欠かせないものです。大人になると分泌量が減ってしまいますが、この成長ホルモンは健康や美容に幅広い効果が期待できる優秀な成分です。
美容面では、主に肌のターンオーバーを促進してくれます。肌のターンオーバーにより古い角質が排除され新しい肌が生まれ、シミや毛穴などのトラブルがない綺麗な肌を作り出すことができます。

エステナードリフティは効果なし?!

しかし、睡眠が十分でない場合、成長ホルモンの分泌は阻害されてしまいます。成長ホルモンの働きが十分でないと、肌のターンオーバーが阻害され、古い角質がいつまでも残ったくすんだ肌になってしまいます。

十分で良質な睡眠を取るには、寝る前に入眠しやすいようにストレッチをして筋肉の緊張をほぐしたり、暖かい飲み物で血行を促進する方法がオススメです。
よりリラックスした状態で眠りたい場合は、アロマの香りや照明などにこだわってみましょう。