夏の終わり…エアコンのお手入れをしないと危険なワケ!

夏の終わり…エアコンのお手入れをしないと危険なワケ!

夏の間フル稼働していたエアコンも、涼しくなってきたら
やっとオフにできますね。

しかし!次に使う時までそのまま放置していると…
健康被害を引き起こしかねない、『カビ』の巣になってしまう危険があります。
カビが生えたエアコンを使うと
呼吸器の疾患やアレルギー等の原因になるとも言われているので、
注意が必要ですね。

エステナードリフティ 効果

冷房を使うと、エアコン内部は湿った状態になるんです。
そのため、非常にカビが発生しやすい状態になっているんですね。

それを防ぐためには、内部を乾燥させてから
次のシーズンに備える必要があります。

具体的には、半日程度「送風運転」をしたり、
「内部おそうじ」「内部乾燥」等の機能を使うと良いようです。
内部がカラっと乾けばカビ発生リスクも低下します♪
ついでにホコリなどのお掃除もして、次のシーズンには気持ち良く
使い始めたいですね!