背中ニキビにピーリングは使える?

背中ニキビにピーリングは使える?

古い角質を落として新しい肌を作り出すピーリングは、人気の美容法の一つです。では、ピーリングは背中のニキビに対しても効果的なのでしょうか。

まず、自分の背中ニキビの状態と肌の状態を確認します。
何度も背中にニキビができる方や、肌が荒れやすい方、中々ニキビが治らないという方は、ピーリングには向きません。
ピーリングは角質を剥がす方法なので、ピーリング後は肌が敏感な状態となります。
上記のような背中ニキビや肌状態の場合、肌のバリア機能は低下気味で、ピーリングの強い刺激はニキビを悪化させてしまう恐れがあります。
エステナードリフティ美顔器 効果
しかし、全ての背中ニキビにピーリングができないというわけではありません。
健康な肌環境で、バリア機能もしっかりと機能している肌であれば、ピーリングは背中ニキビを手早く治す有効的な方法となります。
ピーリングを行う際は、必ず事前に自分の肌状況を確認するようにしましょう。

活性酸素を増やしてしまうNGな生活習慣

活性酸素を増やしてしまうNGな生活習慣

活性酸素が増える原因は、日常生活の中に潜んでいます。今回は、活性酸素を増やしてしまう生活習慣をご紹介します。

飲酒、喫煙は活性酸素を増やす大きな原因です。飲酒は適量であれば問題ありませんが、大量の飲酒は肝臓のアルコール分解の負担が大きくなり、このときに分泌される活性酸素も増加してしまいます。
喫煙は、タバコに含まれる有害物質が活性酸素を増加させてしまいます。喫煙による活性酸素の増加は特に多いので、喫煙はなるべく避けましょう。
エステナードリフティ美顔器の効果はこれ
紫外線に当たる機会の多い方も、活性酸素が増えやすい傾向にあります。紫外線から肌細胞を守ろうと体が働きかけるバリア機能の一つが活性酸素です。
紫外線を浴びれば浴びるほど活性酸素の量も増えるので、外出する際は日焼け止めを塗るなどの紫外線対策をしましょう。