活性酸素が肌に与える悪影響

活性酸素が肌に与える悪影響

活性酸素は悪いものというイメージがありますが、具体的にどのように体に作用するのか知らないという方は多いと思います。
そこで今回は、活性酸素がもたらす悪影響について、特に肌についての影響をご紹介します。

活性酸素が肌の内部で増えると、ハリの元であるコラーゲンが酸化してしまい、ハリを保つための働きが失われてしまいます。ハリがなくなった肌はシワやたるみなどの老化現象を引き起こしてしまい、老けた印象の肌に見せてしまいます。
エステナードリフティ効果
また、活性酸素は皮膚にある脂質を酸化させてしまい、シミができやすい肌環境となってしまいます。シミは一度できてしまうとセルフで治すことは難しいもので、薄くするためには美容整形などで専用の施術を受ける必要が出てきます。