ついやってしまいがち!背中ニキビができてしまう原因

ついやってしまいがち!背中ニキビができてしまう原因

背中ニキビができてしまう原因は、日常生活の中に多く潜んでいます。今回は、ついやってしまいがちな背中ニキビを作り出す原因についてご紹介します。

ニキビの予防、改善には肌を清潔に保つことが必要です。このため、毎日のバスタイムで背中を綺麗に洗い流す必要がありますが、ここでいくつか注意点があります。
エステナードリフティ 効果
まず、タオルを使ったゴシゴシ洗いは厳禁です。背中とタオルの間に起こる摩擦は、ニキビを悪化させてしまいます。
また、意外と多いのが、シャンプーやリンスの洗い残しです。頭から泡を綺麗に洗い流しても、そのまま背中に流れ落ちたものが残ってしまうと、液材に含まれた添加物がニキビを刺激してしまいます。
ボディーソープも同様です。見えない部分だからこそ、しっかりと洗い流すようにしましょう。

ニキビ肌のためのスキンケア選び~化粧水編~

ニキビ肌のためのスキンケア選び~化粧水編~

ニキビができてしまった場合、洗顔後のスキンケアが重要となります。今回はスキンケアでも基本的な化粧水の選び方をご紹介します。

ニキビは過剰分泌された皮脂に菌が繁殖してできてしまいます。このため、ニキビ肌の方はさっぱりタイプの化粧水を選ぶ方が多いですが、さっぱりタイプは逆に肌の水分を奪ってしまい、ニキビを悪化させてしまいます。
ニキビができてしまった肌にこそ、保湿タイプの化粧水を使いましょう。オススメの成分は、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、ビタミンC誘導体です。これらの成分が豊富に含まれているしっとりタイプの化粧水を選びましょう。
逆に避けたいものが、アルコール類や皮脂除去成分です。これらの成分は敏感なニキビ肌に負担を与えてしまい、ニキビ悪化の原因となってしまいます。
エステナードリフティの効果
化粧水はスキンケアで一番最初に使うものです。適当なものではなく、自分の肌に合い、ニキビ肌を保護するものを選ぶようにしましょう。

活性酸素を減らす運動方法

活性酸素を減らす運動方法

活性酸素を減らすには適度な運動がオススメです。
激しい運動は呼吸量が増加し、酸素を多く取り込むため活性酸素が増えてしまいます。しかし、ウォーキングや軽いジョギング、水泳などの軽めの運動であれば、抗酸化作用の働きを高める効果が期待できます。
息が上がらない程度の軽い運動で、抗酸化作用の働きをサポートしましょう。
普段身体を動かすことがないという方は、まずは日常生活に徒歩で移動する時間を意識して取り入れてみましょう。一駅分歩いたり、エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使うなど、少しの工夫で活性酸素を減らすことができます。
エステナードリフティ 効果
また、適度な運動で体を動かすことは血行促進や免疫力の向上、筋肉の緊張緩和など、美容と健康に幅広い効果が期待できます。