お得に医療脱毛を受ける裏技

医療脱毛で最もネックなのが料金です。保険の適用が利かないため、施術にかかる費用は全て自己負担となります。施術部位の箇所や範囲にもよりますが、場合によっては数十万円かかる場合もあります。
決して安いとは言えない施術費用を前に、なかなか脱毛に踏み切れないという方も多くいます。医療脱毛を行っているクリニックの多くは分割支払いに対応していますが、それでもコスト面での負担は大きいものです。支払い完了までコスト面で圧迫されるのは避けられません。

医療脱毛はどのクリニックを選んでも高額になりがちですが、お得に施術を受ける方法もあります。まず、クリニックで行っているキャンペーンをチェックしましょう。
キャンペーンは集客のための宣伝活動ですが、これを上手く活用すれば定額料金より安く施術を受けられます。キャンペーンは不定期に行われているので、このクリニックで施術を受けたいと決めている場合は情報を見逃さないようにチェックしましょう。
また、学生割引やモニター割引といった条件付きの割引もあります。

エステ脱毛を受ける際の注意点

エステ脱毛は受ける前にいくつかの注意点があります。注意点をしっかり確認し、自分が納得できる施術を受けるようにしましょう。

エステ脱毛で使用するレーザー機器は、医療脱毛のものと比べ低出力です。このため痛みは少ない傾向にありますが、必ずしも痛みがないというわけではありません。部位によっては激しい痛みを伴う可能性もあります。
痛み対策として冷却ジェルなどを用意しているところもあるので、施術中の痛みが激しい場合はスタッフに相談してこれらのグッズを活用しましょう。

また、レーザーは低出力のため一度の施術で得られる効果も低めです。施術回数、期間は長くなるので、長期的に無理のないスケジュール立てを事前に行っておきましょう。
また、回数が多くなるほど費用が高くなるので、追加料金も起こりえます。施術のための費用は多めに用意しておきましょう。

エステ脱毛の施術は年単位になります。自分の生活圏内で通いやすい場所のエステを選ぶといいでしょう。

エステ脱毛のメリットとデメリット

人気芸能人を起用するなど、エステ脱毛は身近な美容法として浸透しています。しかし、脱毛施術はメリットがある一方で、デメリットもあります。

エステ脱毛は比較的安い価格で施術が受けられる、という点が最大もメリットです。脱毛回数が多くなるとその分費用も必要となりますが、施術回数を抑えれば費用も安く抑えられます。
また、多くのエステ脱毛では期間限定キャンペーンや対象割引、クーポンなどがあります。これらを上手く活用すれば更に価格を抑えて施術を受けられます。脱毛に興味はあるけれど、どんな施術をするのか、実際に効果はあるのか試したいという方におすすめです。

エステナード リフティの魅力

メリットだらけに見えるエステ脱毛ですが、デメリットもあります。
まず、エステ脱毛は一回で得られる効果が低めです。使用できるレーザー機器は照射威力が低めなので、何度か照射してようやく効果出る、ということも珍しくありません。
また、エステ脱毛でツルツルの肌を目指そうとすると、かなり長い期間が必要です。長い方では4年以上かかったというケースもあります。

エステ脱毛にかかる期間と費用相場

エステ脱毛は気軽に受けられる脱毛法として人気を集めています。脱毛に興味のない方でも、芸能人を起用したCMや広告を目にする機会は多いのではないでしょうか。
ここでは、エステ脱毛で気になる施術期間と費用相場についてご紹介します。

エステ脱毛は仕上がりによってかかる期間が異なります。永久的にツルツルの肌を手に入れたいという場合、施術に2年から3年かかります。
また、毛深い方の場合や上手く施術予約が入れられない場合、もっと長い期間が必要になることもあります。エステ脱毛を受ける際は長期間な施術計画が必要です。

エステ脱毛にかかる費用は、部位、施術回数により異なります。また、エステごとでも値段は大きく異なるので、自分の予算と希望に合ったエステ探しが大切です。
施術にかかる費用は、安くて数千円ですが、全身を永久脱毛する場合は30万円以上かかることも。また、回数を重ねるごとに費用もかかるので、エステ脱毛を受ける際は余裕を持ってお金を用意しておくと良いでしょう。

エステ脱毛と医療脱毛はどちらがいい?

脱毛にはエステ脱毛と医療脱毛の二種類があります。では、脱毛施術を受けるのであればどちらがいいのでしょうか。

結論から述べますと、価格を気にしないのであれば医療脱毛の方がおすすめです。理由は、使用している機械類による高い効果です。
医療脱毛は医師免許を所持しているスタッフが、高出力のレーザー機器を使い脱毛施術を行います。高出力のレーザー脱毛はそれだけ高い効果が期待できます。また、施術回数も少なく、エステ脱毛と比べ比較的短期間で肌がツルツルになります。
また、施術中に何かしらの肌トラブルが起こった場合、施術を受けているクリニックで治療を受けられます。

ただし、医療脱毛はエステ脱毛より価格が高いのがネックです。費用の高さに躊躇してしまい、中々施術が受けられないという方は多いです。
また、医療脱毛の高出力のレーザーが必ずしも思ったような効果が得られる、と保証されているものではありません。施術をしても毛が気になる、という声は少なくないのです。

エステ脱毛と医療脱毛の違い

エステ脱毛と医療脱毛は脱毛という目的は一緒ですがその内容は異なります。

最大の違いが使用できる機器類です。医療脱毛は医師免許を持っている方のみ使用できる高威力のレーザー機器が使えます。
一方エステ脱毛は医師免許を持っていないスタッフが施術を行うので、使用できるレーザー機器は医療脱毛と比べて威力が低いです。

費用も大きく異なります。かかる費用は医療脱毛の方が割高な傾向にあります。
ただし、エステ脱毛も施術回数が多くなるほど費用がかかるので、場合によっては医療脱毛とほぼ変わらない値段になるケースも珍しくありません。

施術にかかる期間は、医療脱毛の方が短めです。短くて半年、長くて2年ほどかかります。
エステ脱毛は3年から4年かかることが多く、早く施術を完了したいという方には向きません。
しかし、施術にかかる期間は人によっても異なります。その人の肌質、毛周期、予約状況などにより大きく左右されるので、上記の期間はあくまで目安として考えておきましょう。

施術前はセルフ除毛が必要?

脱毛施術を受ける場合、施術前にセルフ除毛が必要です。
エステ脱毛や医療脱毛では、レーザーを使った脱毛が基本的です。このレーザーは、毛のメラニン色素に反応して毛根を破壊するというメカニズムで、毛を半永久的に脱毛することができます。
しかし、毛が長いままだとレーザーの光は散乱してしまい、思うような効果は得られません。これを防ぐため、施術前にはセルフ除毛が必要なのです。

セルフ除毛はどの部位でも必要な物ですが、手が届かない場所や除毛しにくい部位もあります。
このような場合、事前に美容クリニックに連絡をしておけば、当日施術前にスタッフが除毛処理をしてくれます。

エステナードリフティ美顔器

セルフ除毛で気を付けたいのが、肌へのダメージです。
カミソリや除毛クリームといった道具は、肌に大きな負担となります。負担の度合いによっては、施術が受けられない状態になる可能性もあります。
セルフ除毛を行う場合、肌に直接刃が当たらない小さなハサミやシェーバーの使用がおすすめです。

乾燥肌の症状を悪化させないための入浴方法

乾燥肌の症状を悪化させないための入浴方法

乾燥肌で痒みが出てしまった場合、クリームで症状を抑制するのも効果的ですが、毎日の入浴一工夫することにより痒みを軽減することができます。

まず、入浴に使うお湯の温度を確認しましょう。乾燥肌は肌のバリア機能が低下している状態で、熱いお湯が肌に大きな刺激となり、痒みを引き起こしてしまいます。
また、熱すぎるお湯は皮脂を洗い流してしまい、ただでさえ皮脂量が少ない乾燥肌に対して悪影響となります。
使用するお湯の温度は高くても40℃のぬるま湯に設定しましょう。長時間の入浴も肌への刺激になるので、湯船に浸かるのは20分以内に留めておきましょう。
シャワーヘッドの強さも調節しましょう。勢いが強いと、その分肌への刺激になってしまいます。ヘッド部分は付け替えることができるので、水の流れが柔らかいものに買い換えるのも一つの手です。
体を洗う際は、泡で包むように優しく洗い流しましょう。ゴシゴシ洗いは厳禁です。

そして、入浴の後はやはり乾燥肌に刺激にならない方法でしっかり保湿します。ベビーオイルなど、刺激の少ない保湿クリームを厳選して肌につけます。いろんな種類を重ねてつけると、肌に触れる回数が増えてそれが刺激となるため、肌につけるクリーム・化粧品などの数は少ない方が良いです。

もちろんお顔の保湿も忘れずに。身体の乾燥肌同様、お顔の乾燥対策にも、入浴後すかさず保湿するのが大事です。そしてやはり、お肌に手などが触れる刺激が少ないほど良いので、極力シンプルに、極力効率的な保湿を心がけます。

その意味で、エステナードリフティ美顔器のようにたった一つの化粧品を極力刺激なく浸透させるような美顔器は、乾燥肌の症状を悪化させないためにとてもおすすめの選択肢となります。

乾燥肌のための化粧下地

乾燥肌のための化粧下地

化粧下地はメイクの仕上がりを決める重要なポイントです。乾燥肌の方は、特に化粧下地には気を付けなければなりません。
顔全体に塗る必要のある化粧下地は、その分肌への負担も大きくなります。乾燥肌の方は、コラーゲンやグリセリンなどの保湿成分が配合されている下地を使うようにしましょう。
色味の調整はコントロールカラーで調節するようにして、まずは成分表の確認を一番にしましょう。
それでも乾燥が気になる場合は、下地を塗る前に少量のオイルを乾燥が気になる部分に使いましょう。オイルが多すぎると化粧崩れの原因となるので、量の調節には気を付けましょう。

化粧下地は、おでこ、鼻、頬、あごの4か所に乗せ、それぞれ外側に向かって薄く延ばすようにして塗ります。
この時、強く擦り過ぎると乾燥肌にダメージを与えてしまうので、力加減には気をつけましょう。

乾燥肌にも種類がある?~脂性乾燥肌~

乾燥肌にも種類がある?~脂性乾燥肌~

乾燥肌にも種類があります。
一般的な乾燥肌は皮脂分泌量と水分保持量が少ない状態のことを指します。しかし、水分保持量が少なく皮脂分泌量が多いケースもあります。20代から30代の若い方に多く見られるこの乾燥肌は、脂性乾燥肌と言います。

脂性乾燥肌は、特に皮脂分泌量が多い額や鼻のTゾーンで皮脂の分泌が多く肌がテカリ、頬などの他の部分はカサつくという2つの肌状態が混合している乾燥肌です。
原因として考えられるのが、ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れです。
ホルモンバランスの乱れは特に女性に多く見られる原因で、女性ホルモンが一番分泌される30代に向けて肌の状態が変化することで起こります。この時期のホルモンバランスの乱れには注意が必要です。
食生活の乱れは、たんぱく質やビタミン類など肌を健康に保つための栄養素が欠けることで起こります。

改善するために肌状態をしっかりと見極めたスキンケアが必要となります。