痛い…腫れる…鼻の穴のニキビってどう治す?

痛い…腫れる…鼻の穴のニキビってどう治す?

鼻って、毛穴の詰まりやテカリ、ニキビなど、
肌トラブルが起こりやすい場所ですよね。

それだけでも大変なのに…
たまに、「鼻の穴」にニキビができてしまうことってありませんか?
鼻の穴のニキビって、触ると痛かったり、腫れてしまったり、
結構厄介なんですよね。

さて、この「鼻の穴ニキビ」、どうやって治せばいいのでしょうか?
エステナードリフティの効果は

その答えは「放っておく」です。

鼻の穴のニキビは目に見えないので、
無理につぶしたりするとひどい炎症が起きてしまうリスクがあります。

また、薬を塗るのもNG。
粘液に混ざった薬の成分を飲みこんでしまう恐れがあるからですね。

そのため、鼻の穴のニキビは自然に治るのを待つしかない…ということなんです。

しかし、あまりに炎症がひどい場合は
感染症や病気の場合もあるので耳鼻科を受診しましょう!
早く治したいものですね~。

陥没してしまったニキビ跡はこう治す!クリニックでの治療法3つ♪

陥没してしまったニキビ跡はこう治す!クリニックでの治療法3つ♪

ニキビ跡にもいろいろありますが、
一番厄介なのは「陥没」してしまったニキビ跡ではないかと思います。

私自身、思春期にできたニキビが跡になったものが
まだ消えていないので、自分で治すのは難しいのかな?と感じているところです。

そこで、クリニックで受けられる陥没ニキビ跡治療について調べてみました。
こんなものがあるんですね~。
エステナードリフティー効果
☆フラクセルレーザー
特殊な光(レーザー)を患部に当てることで
コラーゲンの生成が促進されて皮膚が盛り上がり、
陥没が目立たなくなるそう。

☆炭酸ガスレーザー
フラクセルよりも深部までエネルギーが届く治療法とのこと。
皮膚の再生を促すことでニキビ跡を改善するそうです。

☆ケミカルピーリング
お肌の古い角質を薬剤によってはがし、
肌の再生を促す治療法です。

この他にもいろいろな治療法があるようで、気になります!
いろいろと調べてみたいです♪

すねのかさかさ…どうやったら治る?

すねのかさかさ…どうやったら治る?

すね、つまり、ひざ下の皮膚って
意外と乾燥しやすいんですよね。

私の場合、乾燥して粉をふいたようになってしまっています。
冬の間に乾燥がひどくなったので、
保湿ジェルを塗ったりしてそれなりにケアはしていたのですが、
「春になったら治るだろう~」とたかをくくっていました。

でも、春になっても治りません…
エステナードリフティ 効果
調べてみると、すねのかさかさはただ保湿しても治らないのだそう!

というのも、すねのカサカサは除毛などの刺激や
運動不足による血行不良、水分不足、細胞間脂質の減少など
さまざまな要因が重なって悪化していくから。
ひどくなると乾燥性皮膚炎となり、かゆみも強くなってしまうのだそうです…

このすねのかさかさを治すためには、『セラミド』入りの
保湿クリームを塗ると良いそうなので
探してみようと思っています!
早く治したいものです…!

旅行中のスキンケア、どうしてますか?

旅行中のスキンケア、どうしてますか?時短&省スペースのコツはこれ♪

旅行の計画を立てている時ってとっても楽しいですよね!
旅行先ではアクティブに動きたいから、
できるだけ荷物は少なくしたいものですが…
いざパッキングしてみると、意外にかさばるのが
「スキンケア用品」です。

当然、全部ボトルで持って行くのは難しいですから…
私が実践している時短&省スペース術を紹介してみたいと
思います♪
エステナードリフティの効果について
1つ目は、化粧水はコットンに含ませてパチパチのついた袋に入れていく!
です。
乾燥を防げるので、1泊か2泊くらいであれば大丈夫です♪

さっと使えるので時短にもなります!

2つ目は、ニベアを持っていく!です。
保湿にも使えるし、ハンドクリームにもなるし、
部分メイク落としにも使えるので旅行中はなにかと役立ちますよ。

ちょっとしたコツですが、良かったら試してみてくださいね♪

活性酸素が肌に与える悪影響

活性酸素が肌に与える悪影響

活性酸素は悪いものというイメージがありますが、具体的にどのように体に作用するのか知らないという方は多いと思います。
そこで今回は、活性酸素がもたらす悪影響について、特に肌についての影響をご紹介します。

活性酸素が肌の内部で増えると、ハリの元であるコラーゲンが酸化してしまい、ハリを保つための働きが失われてしまいます。ハリがなくなった肌はシワやたるみなどの老化現象を引き起こしてしまい、老けた印象の肌に見せてしまいます。
エステナードリフティ効果
また、活性酸素は皮膚にある脂質を酸化させてしまい、シミができやすい肌環境となってしまいます。シミは一度できてしまうとセルフで治すことは難しいもので、薄くするためには美容整形などで専用の施術を受ける必要が出てきます。

ニキビ肌のための洗顔後の正しいケア方法

ニキビ肌のための洗顔後の正しいケア方法

ニキビができてしまった顔は、肌のバリア機能が低下しているため、外部からの刺激に弱くなっています。このため、洗顔後のケアも重要となってきます。
今回は、ニキビ肌のための洗顔後の正しいケア方法をご紹介します。

まず、洗顔後の顔の拭き取りです。水気を拭き取る場合は、タオルを顔に軽く当てるようにして水分を撮りましょう。ゴシゴシ拭きとるのは厳禁です。
また、タオルはなるべく新しいものを使うようにしましょう。汚れたタオルで拭き取ると、ニキビの原因となる菌が付着し、ニキビ悪化や新しいニキビの原因となってしまいます。
エステナードリフティ 効果
化粧水や乳液、クリームは、塗り残しのないようにムラなく丁寧に塗りましょう。化粧水は二度付け、乳液やクリームは付け過ぎないように注意しながら顔全体に塗ります。
ニキビが悪化し痛みがある部分は、無添加のスキンケアを使いニキビができた肌に負担をかけないようにしましょう。

ついやってしまいがち!背中ニキビができてしまう原因

ついやってしまいがち!背中ニキビができてしまう原因

背中ニキビができてしまう原因は、日常生活の中に多く潜んでいます。今回は、ついやってしまいがちな背中ニキビを作り出す原因についてご紹介します。

ニキビの予防、改善には肌を清潔に保つことが必要です。このため、毎日のバスタイムで背中を綺麗に洗い流す必要がありますが、ここでいくつか注意点があります。
エステナードリフティ 効果
まず、タオルを使ったゴシゴシ洗いは厳禁です。背中とタオルの間に起こる摩擦は、ニキビを悪化させてしまいます。
また、意外と多いのが、シャンプーやリンスの洗い残しです。頭から泡を綺麗に洗い流しても、そのまま背中に流れ落ちたものが残ってしまうと、液材に含まれた添加物がニキビを刺激してしまいます。
ボディーソープも同様です。見えない部分だからこそ、しっかりと洗い流すようにしましょう。

ニキビ肌のためのスキンケア選び~化粧水編~

ニキビ肌のためのスキンケア選び~化粧水編~

ニキビができてしまった場合、洗顔後のスキンケアが重要となります。今回はスキンケアでも基本的な化粧水の選び方をご紹介します。

ニキビは過剰分泌された皮脂に菌が繁殖してできてしまいます。このため、ニキビ肌の方はさっぱりタイプの化粧水を選ぶ方が多いですが、さっぱりタイプは逆に肌の水分を奪ってしまい、ニキビを悪化させてしまいます。
ニキビができてしまった肌にこそ、保湿タイプの化粧水を使いましょう。オススメの成分は、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、ビタミンC誘導体です。これらの成分が豊富に含まれているしっとりタイプの化粧水を選びましょう。
逆に避けたいものが、アルコール類や皮脂除去成分です。これらの成分は敏感なニキビ肌に負担を与えてしまい、ニキビ悪化の原因となってしまいます。
エステナードリフティの効果
化粧水はスキンケアで一番最初に使うものです。適当なものではなく、自分の肌に合い、ニキビ肌を保護するものを選ぶようにしましょう。

活性酸素を減らす運動方法

活性酸素を減らす運動方法

活性酸素を減らすには適度な運動がオススメです。
激しい運動は呼吸量が増加し、酸素を多く取り込むため活性酸素が増えてしまいます。しかし、ウォーキングや軽いジョギング、水泳などの軽めの運動であれば、抗酸化作用の働きを高める効果が期待できます。
息が上がらない程度の軽い運動で、抗酸化作用の働きをサポートしましょう。
普段身体を動かすことがないという方は、まずは日常生活に徒歩で移動する時間を意識して取り入れてみましょう。一駅分歩いたり、エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使うなど、少しの工夫で活性酸素を減らすことができます。
エステナードリフティ 効果
また、適度な運動で体を動かすことは血行促進や免疫力の向上、筋肉の緊張緩和など、美容と健康に幅広い効果が期待できます。